【Amazon出品アカウント開設記事はこちら】

【Amazon出店】店舗名の付け方のポイントと実例を解説

こんにちは、とめ吉です!

この記事では、Amazonの出店アカウントを開設する際に決める店舗名について、付け方のコツと実例を紹介していきます

Amazonの店舗名に関する制限事項

 

まず店舗名を決める際には、Amazonの規約を守らなければなりません

  • 既存の店舗名と重複するもの
  • Amazonと誤解されるようなもの
  • 第三者の商標を含むもの等
つまり他の店舗と誤解を与えてしまうような名前は禁止ということになります

店舗名の決め方のポイント

 

店舗名は以下の3つのポイントを意識してみましょう

  1. 規模の大きさを想像できるような名前
  2. サービスを明記して付加価値を加える
  3. 表示を工夫して差別化

店舗名のポイント①:規模の大きさを想像できるような名前

 

3つのポイントの中で意外と重要なのがこの”規模の大きさを想像できる名前をつける”ことです

なぜここがそんなに大事なの?と感じる方もいると思いますので、実際に購入者の立場になって考えてみましょう

例えば家電を買うとします。(実店舗でもインターネットでも構いません)

あなたはどういう店舗から購入したいと思いますか?

完全にお値段重視の方もいると思いますが、創業年数の長い老舗や名の知れた大きいお店から選びたいという方が多いのでは思います

それは、老舗の店舗に対して「ここだったらちゃんとした商品を購入できそうだな」「もし壊れてしまってもきちんと対応してくれそうだな」と、安心と信頼を感じているからですよね

カスタマーからの老舗や大手に対する信頼は、お店のサービスや対応、高品質な製品などが生み出しています

低品質な商品を売っていたり対応の良くない店舗は長続きしないですし、例外があったとしても大抵は悪い評価が広まっていたりしますよね

長くなってしまいましたが、このように大きい店舗と想像すると”組織としてしっかりしている”というイメージを抱きませんか?

このようなイメージを自分の店舗にも抱いてもらうために、規模の大きさを意識した店舗名をおすすめします

インターネットで実体の見えない店舗から購入するということは、それだけ判断基準が少なくなるので、店舗名やストアページなどの一つ一つが大切になります

↓さっそくポイント①を活用した実例を紹介していきます

実例(1)規模の大きさとカテゴリを意識しよう

 

規模の大きさの重要性を説明したところで、

「実際どのような店舗名ならそのようなイメージを持ってもらえるか」について解説します

ポイントは以下となります

  • 「個人ではなく企業として取り組んでいるような名称」
  • 「何を専門に扱っているのかが一目でわかること」

「個人ではなく企業として取り組んでいるような名称」

自身のニックネームや飼っている動物の名前など、ビジネスにあまりにもかけ離れた店舗名だと、

「このお店から買っても大丈夫かな…」

「ちゃんと商品送られてくるかな…」

といった、購入に不安や迷いが生じる原因になりかねません

この3つの店舗名だと、それぞれどのような印象を持ちますか?

  • 「クローバー」
  • 「とめきちオンライン」
  • 「産経舎ストア本店」

「クローバー」「とめきちオンライン」は、ニックネームやあまり深く考えずに付けた名前で販売しているような印象がありませんか?

それに対し「産経舎ストア本店」はどうでしょう

なんとなく実際にお店がありそうなイメージが沸くかと思います

実際にこの3店舗いずれかで商品を購入するとしたら、僕は「産経舎ストア本店」を選ぶと思います

「実際にお店がありそうな名前」にすることでカスタマーの『ちょっと怖いから買うのやめようかな…』という不安を取り除くことができます

 

「何を専門に扱っているのかが一目でわかること」

ポイントの2つ目は「どんな商品をメインに扱っているのか、カテゴリのわかりやすさ」になります

店舗名にカテゴリやジャンルの表記がないと、カスタマーはその店舗のストアを見ないとどんなお店かを知ることができません

ですが、カテゴリを表記していると

あ、ここはこういうジャンルのものを専門的に扱っているお店なんだ」とすぐに認知してもらいやすくなります

例えば、コスメ系を主に販売している店舗があるとします

この2つの店舗名で、それぞれ印象を比べてみましょう

  • 「クローバー」
  • 「コスメ専門店クローバー」

「クローバー」だけだと、どのような商品を扱っているかがわかりませんが、

「コスメ専門店クローバー」は一目でコスメを主に扱っているお店なんだということがわかりますよね

このように専門に扱っているジャンルが一目でわかると、商品を購入する際にカスタマーは安心して「コスメ専門店クローバー」を選ぶことができます

わかりやすいということは、そのカテゴリの層を取り込みやすいということにも繋がります

 

以上の2つだけで大手に見えるかというと完全にそう見えるわけではないですが、

前述の”組織としてしっかりしている”という印象に近づいたのではないかと思います

MEMO

オールジャンルの方は「〇〇本店」「〇〇ストア」等が無難ですね

それではポイント②に続きます

店舗名のポイント②:サービスを明記して強みをアピール

 

これはイメージが沸く方が多いかと思いますが、店舗名にサービスを明記することで「自分の店舗はこんな対応ができます」「こういうサービスを行っています」とカスタマーに簡単に伝えることができます

例えば、

「送料無料」

「迅速発送」

「キャッシュレス5%還元」

「全額返金保証」

「丁寧な梱包」

「誠実な対応をお約束します」

「代引き・コンビニ決済対応」

など、書き方やサービスはさまざまですね

例で見てみましょう

実例(2)目を引くサービスで付加価値を加える

 

ポイント①での例に②を加えて比較してみます

「コスメ専門店クローバー」という名前の店舗があります

これにサービス名を記載したものと比べてみるとこのようになります⇩

  • 「コスメ専門店クローバー」
  • 「全額返金保証・コスメ専門店クローバー」

いかがでしょうか?

前者も扱っているジャンルがわかりやすくていいと思いますが、サービスが記載されている方がグッときませんか?

たった一言加えるだけでカスタマーに響く店舗名をつけることができます

しかしここにあるのはほんの一例なので、あなただけのサービスを工夫して記載すると「ここから購入したい!」と思ってもらえる付加価値を加えられると思います

ぜひ試してみてください

筆者がおすすめするサービス表記

 

ポイント③の前に、サービス名表記に関する僕の体験談を少し紹介します

実際にどのような店舗名だと反響があるのかたくさん試してきましたが

一番効果があったなと体感で感じたサービス名の表記は

  • 迅速発送
  • キャッシュレス5%還元

この2つです

1つ目の迅速発送に関しては例えば「メルカリ」なんかもそうですよね

商品の金額や状態が全く同じ商品を出品している人が2人いるとして、発送までの日数を片方が「2〜3日」、もう片方が「1〜2日」と書いてあったら後者に魅力を感じませんか?

欲しい商品をすぐに届けてくれるというのはとてもうれしいことですよね

2つ目のキャッシュレス5%還元も他店舗と区別するのに有効な魅力のあるサービスなので活用したいです

両方使わない手はありません、ぜひ使いましょう

「送料無料」は書かないよりはいいと思いますが、特別なサービスではない分少しもったいないので、せっかく目立たせるために記載するなら上記のような目を引くようなワードチョイスで差別化を図るのをおすすめします

では最後のポイント解説に移ります

店舗名のポイント③:表示を工夫して差別化

 

3つ目のポイントは案外やっていない人も多いですが、文字以外の部分でサービスを強調することです

中でも華やかな星やハートなどではなく、一見地味なこのカッコ】です

このカッコでサービス名を括ってあげるだけで一気に印象が変わります

実例をみてみましょう

実例(3)文字以外の部分でサービスを強調

 

  • 「全額返金保証・コスメ専門店クローバー」
  • 【全額返金保証!】コスメ専門店クローバー」

いかがでしょうか?

カッコをつけるだけでだいぶインパクトがありますし、サービス名がパッと目に入りますよね

大々的にサービスを打ち出しているという雰囲気が伝わります

カッコには色んな種類があると思いますが、僕はこの隅付き括弧(”すみつきかっこ”と読みます)がおすすめです

強調したい時、目立たせたい時に主に使われるそうです、ぴったりですね

とめ吉

ためしてみてね!

 

以上、Amazonの店舗名の決め方3つのポイントと実例の紹介でした

まとめ

 

いかがでしたか?

この記事ではAmazonの店舗名の決め方について、
「こういう名前は避けたほうがいい」「こういう表記にすると目に止まりやすい」
といった部分に重点を置いて書いてみました

今回店舗名の決め方をポイントと例に合わせて紹介していきましたが、事実これをやったから売上に直結するかというとそこまで極端に変わらないとは思います

ただ、僕もAmazonのアカウントを作って店舗名に悩んでいた時があったので、今このブログを読んでくれている方や「店舗名どうしよう…」と悩んでいる人の手助けに少しでもなれたらと思い書きました

少しでも参考になれば幸いです

 

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です